青魚など魚介類をよく食べる人  « こねずみさんの独り言

青魚など魚介類をよく食べる人 


青魚などの魚介類の健康効果はよく聞きますが、うつ病のリスクも減らすようです。
国立がん研究センターなどのチームが調査」したところによると、青魚など魚介類をよく食べる人は、
あまり食べない人よりうつ病になる危険性が低いとの調査結果を米医学誌に発表しました。


青魚などの魚介類には、炎症を抑えるなど様々な作用を持つn-3系脂肪酸が含まれているため、うつ病の
リスクを下げるよ考えられています。

チームは、長野県に住む40歳~59歳の男女1181人を、1990~2015年の間追跡調査しました。

食生活のアンケートを行い、魚介の摂取量を算出するとともに、14~15年にうつ病かどうかを診断しました。
一日摂取量が57g、84g、111g、153gの4つのグループに分けて、うつ病になる確率は、最も
摂取の少ない57gのグループに比べ、111gのグループではうつ病の危険性は低いそうだ。
また、魚介の量から、エイコサペンタエン酸となどのn-3系脂肪酸の摂取量を計算して、これらの成分を
適度に取っているグループはうつ病が少ないことも確認されているそうです。

食事で摂る食べ物の種類や量の違いでこんなに健康上に違いが出てくるとは。

健康のためには、バランスのよう食事と、歳を重ねると減る酵素の補給にも気を付けていこうと思いました。

歳を重ねると減る酵素の補給に   優光泉