酵素の効能と役割 « こねずみさんの独り言

酵素の効能と役割


酵素は食物の消化や血液を循環、呼吸や老廃物の排出など体中の働きの関わっている、人間が生きていくうえで無くてはならない成分です。主に2つの種類があり、唾液や消化液などに含まれていて食べ物の消化分解を助ける「消化酵素」と、吸収された栄養素をもとに細胞を作ったり、呼吸や運動のサポートをする「代謝酵素」に分けられます。非常に重要な成分ですが、人が一生の間に作ることができる量には限界があり、どちらも同じ成分をもとに作られているので消費量に偏りがでると身体の変調を招きます。例えば食べ物を消化する方に大量の酵素が使われた場合、代謝に使う分が減って免疫力の低下や老化などを引き起こします。反対に病気などによって代謝に使う分が多くなった場合、消化に使う分が減って便秘などの症状が出てしまいます。こうした不足を補うためには外部から取り込むことが大切ですが、自然界の食物に含まれているものは熱に弱く約42~70℃で破壊されてしまいます。行きた状態の酵素を取り入れるためには、生野菜やフルーツ、発酵食品などを食べるようにしましょう。

コチラ